昭和26年 戸倉政雄が個人会社として水戸市河田町1997番地に赤塚金属を創業
昭和28年 (有)水戸鋳造所を設立
昭和32年 業容の拡大に伴い、茨城金属工業(株)に組織変更する
昭和37年 (株)三和精機に名称変更する
昭和43年 (株)日立製作所佐和工場(現日立オートモティブシステムズ)殿と取引を開始する
昭和44年 (株)日立製作所多賀工場(現日立アプライアンス)殿と取引を開始する
昭和45年 社業の拡充に伴い、戸倉正博が大宮町(現常陸大宮市)に(株)三和精機 大宮工場を設立する
昭和45年 神鋼ノースロップ殿と取引を開始する
昭和46年 自動車関連部品の受注が増え、勝田市(現ひたちなか市)に三和電子工業(有)を設立する
昭和47年 (株)三和精機 大宮工場を(株)三和建材に組織変更する
昭和50年 昭和アルミニウム(株)(現ケーヒン・サーマル・テクノロジー)殿と取引を開始する
昭和51年 東洋サッシ工業(株)(現リクシル)殿と取引を開始する
昭和52年 昭和コーニア殿と取引を開始する
平成4年 事業部制を導入する
(株)三和精機に「金型事業部」を設置する
(株)三和建材に「建材事業部」「プレス事業部」を設置する
平成14年 (株)三和精機が三和電子工業(有)を吸収合併する
平成14年 (株)三和建材が「ISO9001」を認証取得する
平成16年 (株)三和精機に「モールド金型事業部」を設置する
平成17年 (株)三和建材が「ISO9001:2000」を更新取得する
平成20年 (株)三和精機が「ISO9001:2000」を認証取得する
平成22年 モールド金型事業部をプレス金型事業部と統合する
平成23年 戸倉明彦が(株)三和建材の代表取締役に就任する
戸倉正博は取締役相談役に就任する
平成23年 (株)三和建材、(株)三和精機が「ISO9001:2008」を更新取得する
平成23年 (株)三和精機が「平成23年度 戦略的基盤技術高度化支援事業」に認定される
平成24年 戸倉明彦が(株)三和精機の代表取締役社長に就任する
戸倉正博は代表取締役会長に就任する
平成24年 (株)三和精機、(株)三和建材が「茨城エコ事業所」に登録
平成25年 4月 (株)三和精機が創立50周年を迎える
平成25年 9月 (株)三和精機の資本金を6,000万円に増資する