「深い」仕事

スタッフ紹介:受発注担当 坂場さん

2009年に三和精機から三和建材に異動となり、
新たな環境で精力的に仕事をこなしている社内のムードメーカーでもある坂場さんに、
入社したきっかけや、その後の仕事の「やりがい」などを聞いてみました。

Q. 就職したきっかけは?

A. ものづくりの仕事に、以前から就きたいとおもっていましたので。この仕事は最初は簡単なのかなと思っていましたが、全然違いまして・・・。とても「深い」仕事だと思っています。

Q. 実際の職場環境はどうですか?

A. とても良いですよ。分からないことは先輩が、「分かるまで」教えてくれますし。そうして出来上がった製品が、世の中の至る所で使われているということに、誇りも持てますし、自慢出来る職場だと思っています。

Q. 坂場さんは今三和建材で働いていますが、前は三和精機に所属していたのですよね?

A. そうですね、三和精機では「金型の設計」がメインでしたが、三和建材では「受発注管理」がメインとなっております。精度の高い仕事をするということはどちらも同じですが、やはり工程による違いを体験出来たことは嬉しいです。
三和建材での仕事は、「実際に、お客様の手元に届く最終段階の仕事」ですから、とても大事ですし、仕事の面白さを体感しています。

 私にはまだ小さな子供がいるのですが、もうすこし大きくなったら、お父さんは子供にも自慢出来る、誇れる仕事をしているんだ。ということを伝えたいと思っています。

Q. プレス業界自体は、以前から経験していたのですか?

A. いえ、私も最初は未経験から入社しました。ですがSANWAで先輩から教わったり、真剣に取り組んでいれば、経験の有無は全く問題ないと思っています。
現に、商業高校出身のスタッフもおりますよ。

 大事なのは、ガッツと、仕事を楽しいと思えることだと思います。それが仕事への真剣な取り組みに繋がって行くと思っています。

 基本的なことからやっていけば、あとは仕事へのの情熱があれば、誰でも一流の職人になれると思います。
どの職種にも関わらず、やはり仕事に「誇り」を持てれば、楽しく、一生懸命出来るはずです。プレスの仕事は、設計から組立・加工まで、ひとつひとつにクオリティが要求され、まさにプロフェッショナルな職人としての魅力があります。

 かといって、あまり気構えしないことも大事だと思っています。

これからSANWAで働いてみたいと思った皆さんも、どうかこの世界に挑戦し、充実した生活を送ってみてはいかがでしょうか。