技能は社会の宝

スタッフ紹介:戸倉 明彦

 弊社の工場の梁に、30年以上掛かっている額縁があります。
その下で毎日スタッフは技術を磨き、お客様にご満足頂けるものづくりを目指しております。

先代社長の記した、すでに日に焼けて真黄色くなったそれには、

「技能は社会の宝」

と、書いてあります。

 通常一般的ならば、「技能は会社の宝」なのでしょうが、私どもは少々違います。弊社スタッフが日々の技術向上のために磨き上げた技能は、会社のためではなく、お客様のため、そしてスタッフの未来のために活かされるべきなのです。

 私どもはこれからも、この額縁を大切に工場内に掲げ続け、そしてこの言葉を大切に、常に生き生きとしたスタッフ一丸となって、お客様にベストソリューションを提供して行きたいと考えております。

 三和グループは、金型設計の三和精機と、プレス・組立・加工の三和建材により成り立っています。

そこには、一貫したクオリティ管理、各部門の連携が可能となり、プレス加工全般におけるシンクタンクとしての一面もあります。

工程の全てを知るからこそ実現できる、お客様のニーズに合わせた、きめ細やかなサービスを可能としています。

各部門の「ものづくりのプロフェッショナル」によって作り出される製品の精密さは、ぜひ、当WEBサイトにてご覧ください。

そして、ご訪問頂きまして、実際のサンプルを手に取って頂ければと思います。